フレッツの通信速度が遅い原因はプロバイダなのか?

フレッツの通信速度が遅い原因と聞いて、はじめに思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、見たいサイトへのアクセスが集中しまくっていたりといったことでしょう。
ですので、一時的に遅いというだけでしたらある程度待っているとよくなることがあります。
光回線を使用しているのならIP電話を取り入れてみるとお得な上に便利です。
利用するのは光回線なので、一般電話と同じように音声データを幾度も交換機から中継する必要性はありません。
そういった理由から電話料金がかなり安価になり、プロバイダにより違いはありますが、毎月の基本料金が一般の電話回線よりも安くなる場合が多いです。
同様にソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、途中で解約する場合に、違約金が発生するのでしょうか心配です。
これ自体は、ワイモバイル契約時のプランによって異なるようです。
契約内容が2年や3年に満たない場合の解約で9500円の解除料金を支払わなければならないのです。
契約の際は、気を付けてプランを選んだ方がよさそうです。
このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダに光乗り換えをしたのですが、失敗でした。
確かに、料金の面ではかなりお買い得でした。
しかし、ネット接続の不具合が頻繁に起こったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
プロバイダを光乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やむ気持ちです。

東京で人気のプロバイダー一覧表おすすめは?【人気ランキング結果は?】