社会保険労務士の業務委託契約書とは?

社会保険労務士に業務を依頼するためには、業務委託契約書等の取り交わしが必要となります。
これはビジネスにおいてそれぞれの要望や約束事等を定める上で必須となるものです。
また社会保険労務士の業務の上で業務委託というのは、いわゆる請負契約であることがほとんどです。
つまりこの場合仕事の完成を目的としたもので、その結果に対して責任を負うことになるのが請負形式での契約なのです。
委託契約書を取り交わす業務委託はこれに当たります。
もうひとつよくあるのは委任契約書を交わして依頼するというパターンです。
この場合はあるひとつの行為を完了させる、といったことが目的となる委任契約になります。
委任契約書には印紙が必要ないのですが、業務委託契約書には印紙が必要となるという点も大きな違いです。
社労務資格難易度の高さは?合格率低い?【勉強のポイント】