住宅ローン審査甘いのはどの銀行?金利で変動金利を選択した方が良いケースは?

住宅ローン金利の変動金利を選んだ方が良い場合は、金利が当分上がらないと予想できる場合がまず上がられます。
現在は低金利が続いておりこの状態が続くようなら変動金利の方が良いことになります。
また、金利がある程度上がった場合に両親などの親族等にお金を借りることが出来る人も変動がおすすめできる人です。
基本的には低金利が続くと予想できても、絶対に低金利が続くかどうかはだれも解りません。
万が一の時に貸し出しをしてくれる親族がいれば住宅ローン金利が高額になって困ったときに、もらえなくても契約書を交わし貸し出しと言う形で援助をしてもらえればリスクも回避できます。
あとは返済年数が短い場合も元本が早く減るし返済が終わるのも早いのでリスクは少ないでしょう。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】