住宅ローン審査甘いのはどの銀行?金利で変動金利を選択した方が良いケースは?

住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

理由として考えられるのは以下のような方です。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それをパスしない限り、次の契約には進めません。

重要な判断材料は年収、勤続年数、仕事内容などです。

あわせて、カードローンの使い道なども厳しくチェックする所はチェックされますので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこの理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

今では簡単に利用者の声も見れるので参考にしましょう。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時は初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

家を購入するとき、だれでも最初に考えるの事は現金調達の事でしょう。

普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

引用:住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、1割である11万円を税金として払う必要があります。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

重要視される点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。

あわせて、過去の金銭トラブルなども判断されるので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申請されると良いでしょう。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?これを明確にした上で申請する必要があります。

もし、法律に違反いている契約であったとすれば紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいのでこれからの事を十分考慮して考えましょう。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借用人が、死亡した時にお金が支給されます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、もしもの時にしっかり備えておきましょう。

今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

ですが、必ず確認しておきたい点がそのようなメリットとデメリットを比較してから住宅ローンをどこで借りるのがいいのかを考えるのです。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。