あなたは育成シミュレーションゲームをご存知ですか!?

 

あなたは育成シミュレーションゲームをご存知ですか!?

 

最近、フリーゲームが流行っていますが、その中心に育成ゲームが人気を博しています。

 

知ってますか。

 

今回は、この育成ゲームについて紹介しますね。

 

<育成ゲーム>
人物、生物、環境などの能力、状態などを向上させていくゲームです。

 

そしてこれらを成長に導くことで、変化、進化させていくことを主題としたゲームになります。

 

育成シミュレーションゲームという呼び方をされています。

 

まず育成ゲームと言うと、通常はシミュレーションゲームの一種ということになりますね。

 

育成ゲームは、シューティングゲーム、アクションゲームなどが人気を博した80年代前半は、存在自体が殆どありませんでしたが、その一方で、80年代後半にRPG(ロールプレイングゲーム)というジャンルが人気を集め始めんます。

 

そのRPGに引っ張られるように、育成ゲームも徐々に知名度を上げていくことになります。(笑顔)

 

〜とは言っても、他の数ある人気ジャンルと比較すると、あまり高い人気を集めるタイプのゲームではありません。簡単に言うと比較的地味なジャンルですね。

 

しかし、そんな中で、その風向きを変えたゲームがあります。

 

2つあります。

 

ひとつは、子どもに絶大な人気をほこる「ポケットモンスター」シリーズです。

 

1996年に任天堂がゲームボーイ用ソフトとして発売しました。

 

このポケットモンスターは、当初、必ずしも注目されていたわけではありませんが、徐々に口コミで広まっていき、爆発的なヒットを記録するようになりました。今や日本で最も売れるソフトとなっています。

 

凄いですよね。

 

ポケットモンスターは、厳密には育成ゲームという訳ではありません。

 

言い換えれば、モンスターを育成するという観点から育成ゲームの派生に大きな影響を与えたと言えます。

 

もうひとつは、ほとんどの人が知っていると思いますが、「たまごっち」ですね。懐かしいですね。(笑)

 

これはテレビゲームではありません。

 

1996年にバンダイ(当時)が発売したこの携帯用ゲームが爆発的なブームになりました。まだ気をくに新しい方も多い事でしょう。育成ゲームのブームをも呼び込みましたよね。

 

しかし、一度、流行は収束します。

 

それから、2000年代に再び人気を集めます。

 

その需要の普遍性を見せつけることになり、同時に育成ゲームの定番化に一役買うことにもなりました。(笑顔)。

 

あなたは、人物の育成ゲームをご存知ですか!?

 

育成ゲームは色々なタイプの物がありますが、あなたは、人物の育成ゲームをご存知ですか!?

 

1996年に発売された「ポケットモンスター」や、「たまごっち」のブームもあって、90年代後半から育成ゲームは一気に飛躍します。

 

そして、定番ジャンルとなりましたよね。

 

その育成ゲームの中で、最も看板タイトルが多い人物育成ゲームがあります。

 

これは、代表的なジャンルとも言えますね。

 

人物育成ゲームは、育成対象が人物という点が特徴になります。

 

当然ですね。

 

ゲーム内の人間、人間と同じタイプの生物、キャラクターを育成するというものです。

 

それがゲーム内の主な目的となっています。

 

人物育成ゲームは、RPG(ロールプレイングゲーム)とかなり近い関係にあります。

 

このRPG(ロールプレイングゲーム)は、ユーザーがキャラクターを操り冒険、またはバトルを行うゲームになります。

 

そのバトルをしていくには、操作キャラクター、パーティーキャラの能力(レベル)を上げていく必要があります。

 

このようなところが、人物育成ゲームの要素になりますね。

 

必ずしも人物育成ゲームにはバトルの要素があるわけではありませんよ。また冒険するとも限りませんよ。

 

ですから、育成の目的がRPG(ロールプレイングゲーム)とは異なります。

 

人物育成ゲームの場合は、そのゲーム内にある何らかの目的を果たすためにパラメーターがあります。

 

あと能力(レベル)などを上げていきます。

 

このように向上させていくものが一般的ですよね。

 

このゲームは、人物を育成するということですが、RPG(ロールプレイングゲーム)とは違います。

 

その人物は自分を投影させるというタイプではないことが多いので、ユーザーの分身(キャラクター)という構図ではないゲームが多いですね。

 

その点でも、ジャンルとしてRPG(ロールプレイングゲーム)とはハッキリ一線を画していると言えますね。

 

あぁ、成長!育成ゲームで毎日が楽しみ